生理が重いなどの子宮内膜症の改善には漢方が有効

女性

月経のお悩みには

漢方

毎月毎月生理が始まると、鎮痛剤を常に飲み続けないと動けないという人っていますよね。鎮痛剤が切れる頃にはぎりぎりと内臓が締め上げられるような気持ちがして、脂汗がにじむという方も多いのではないでしょうか。特に、冷房の環境で冷えてくると鎮痛剤を飲んでいても痛い、不快感があるといった重たい生理持ちも多いです。貧血や頭痛や腹痛までありお腹の調子も最悪、肌の調子も最悪。しかも、すごく痛いし、だるいし眠たい。漢方薬を飲むようになってからは結構楽になることも多いです。

さてここまで聞いて「あ、それ私もかも・・・」と思った方はいませんか。それ、もしかしたら子宮内膜症かもしれません。子宮内膜症とは、ストレスや生活環境などによって卵巣の表面や外側や子宮筋などに膜ができてしまうものです。これによりお腹の下腹部あたりがズキズキと痛むなどが挙げられます。子宮内膜症がひどくなると生理の周期でもないのに痛むなど、日常生活にも大きく影響を出します。鎮痛剤がきいてないと感じるほどの強烈な痛みに加え、吐き気、お腹をくだすなどの症状があります。
また、子宮以外にも癒着することで排便に痛みがでるほか、血尿が出ることもあるそうです。尋常じゃない痛みがある場合は早めに病院に受信することで別の病気か子宮内膜症かなども判断できます。再発なども起きやすい子宮内膜症を治療、予防するには漢方で体の中から不調を取り除くのが有効です。漢方には多くの成分があり、お腹の調子や血流、頭痛といった月経前症候群などの予防にも役立ちます。中々クセのある味の多い漢方薬は確かに美味しくないのですが、カプセルや小さな錠剤などで一気に飲んでしまうと飲みやすいです。月経に苦しんでいる方は、病院などで処方される漢方の力で体質改善を始めましょう。

肺に水がたまる病気

看護師

肺の胸膜腔に発生する癌性胸膜炎。胸の下部の痛みや呼吸障害やしびれなどの発生する恐ろしい病気です。喫煙などが主な原因ではないかと言われる病気ですが初期症状は風邪と似ていて気づきにくいので気をつけましょう。

View Detail

ストレスでおきる病気

女性

自律神経失調症の多くの要因はストレスです。睡眠、食事をしっかりととり生活リズムを整えてストレスに負けない体づくりをしましょう。ストレスとと上手に付き合うのが現代社会で生きるすべです。

View Detail

治療に役立つサービス

男性と看護師

腎不全で、腎臓が正常機能しなくなると老廃物や毒素の分解などができなくなります。この時に行われる定期的な人工透析ですが、病院に家族の送迎をすることは大変ですが、病院で行なわれている送迎サービスで解決します。

View Detail