生理が重いなどの子宮内膜症の改善には漢方が有効

男性

肺に水がたまる病気

看護師

肺の一番外側の膜(壁側胸膜)とその内側にあるもう一つの膜(臓側胸膜)までの空間が胸膜腔と呼ばれる部分です、この胸膜腔に液体がたまることを胸水と呼びます。この胸水から癌性胸膜炎が発症する事が多く、肺炎などで同じように胸水が貯まることでも発症する恐れがあります。症状としては激しい咳や、息切れ、背中やみぞおちの痛み、呼吸困難などが起きます。初期は風邪と似ているため、癌性胸膜炎に気付かずに悪化してから病院に来る方も多いです。また、進行するとしびれなどが起こることもあります。
また、胸の下部に痛みを感じるのも特徴。実際の診断では、内診で呼吸の音を聞くと呼吸音が胸水によって遮断され弱々しい小さな音になります。さらに、呼吸自体もしづらいといった苦しさもあり、多くは胸部をレントゲンでとると肺の部分に胸水が貯まってないか確認ができます。

癌性胸膜炎の発見は、CT検査が有効です。胸水が確認された場合、中の水を抜くなどの処置がされます。胸水の量が多いと直接チューブを差し込んで水を抜くなどの処置も行います。治療として、お酒やタバコを控えて栄養状態をあげる指示のほか、胸腔ドレナージといった治療法を行います。癌性胸膜炎の治療では抗がん剤などの副作用で吐き気などが起こることもあるようです。癌性胸膜炎は別の部位のがんの進行で発生するため予防が難しいとされています。特に喫煙をされる方においては胸水が発生しやすく肺がんなどになる恐れもありますので、咳が続くなどの症状がある場合は早めに診察を受けるようにしましょう。