生理が重いなどの子宮内膜症の改善には漢方が有効

男性

ストレスでおきる病気

女性

過度のストレスを感じる環境や、生活習慣の乱れで自律神経が正常に機能しない状態になってしまうと自律神経失調症になってしまう恐れがあります。症状としてはかなりの種類があり、頭痛や倦怠感、味覚異常や疲れ目、下痢、めまいや冷え、肩こりや起きるのが辛くなることもあります。病院などの検査では内臓に異常が発見されず、原因がわからない場合にこの病名が付けられることがあります。
また、咳がひどいなどの特定の症状が強く出る場合は気管支喘息という特定の病名がつくこともあります。自律神経失調症の要因の多くはストレスです。女性の場合は月経などがあるためホルモンバランスが崩れてしまい起きることもあります。生まれつきの虚弱体質や低血圧など自律神経の働きが弱い、心理的なことや感情や疲労などが抑圧されると自律神経失調症が起きることがあります。

うつ状態に陥っている場合にも起きることがあり、これらの症状の方に注意が行くことでうつ状態への適切な治療が受けられないケースも考えられるでしょう。この時の状況を心理学的には「仮面うつ病」と呼ぶこともあります。これは、頭痛や体調不良といった仮面でうつ自体を隠してしまうからです。自律神経失調症は主にストレスや疲労から引き起こされる事が多いため、生活リズムの見直しや睡眠、食事をしっかり取ると言ったことで体のメンテナンスを行うことが必要です。音楽や、アロマなどを利用してストレスを軽減することで改善に近づくこともあるようです。漢方薬の中にも気分を高揚させたりするサポートをしてくれる薬効のものがあり、自律神経失調症の治療ではそういった漢方の処方を受ける方法を選んでみるといいでしょう。